■INTERVIEW & PICK UP ARTIST

▼4 月/▼5 月/▼6 月

エッセンシャル・エリントン

いつエリントンを好きになったのかわからない。

最初から好きだったわけではないけ れど、あのMoney Jungleを聴いてからなのは間違いなくて、あの強靭としかいいよう のないピアノ、その向こうにある情感など、音楽のすべてがここにあると思った。

エリントンの初来日('64年)にはもちろん聴きに行った。ところがどういうわけかあま りピンとこない。こんなはずはない、おかしいな、と思いながらの帰り道、それがまるでボディブローのように効いてきた。音楽は聴いたときにすぐ感じるものと思っていたけれどどうもそうとは限らないらしい。

その何年か前に聴いたカウント・ベイシー 楽団の(音が出た瞬間に)パッと目の前が明るくなるような感じと違って、エリントン のステージは暗くはないけれどなんだかくすんでいてはっきりしない。ちっとも格好 よくない(それが格好いいとわかったのは後のことだ)。しかしこれがだんだん効いて くるのだ。あのよくわからないサウンドもその要因のひとつかも知れないし、あのどこか合っているようないないようなアンサンブルもそうに違いない。

もうずいぶん経っているのにまだエリントンが好きだ。亡くなったジャズ評論家の飯塚経世さんはルイ・アームストロングしか聴かなかったという。

それに習ったわけで はないけれど、もうデューク・エリントンしか聴かない。

エッセンシャル・エリントン
7月27日 開場19:30 開演20:00 ¥3,500+税(1DRINK付)

【MEMBERS】
渋谷 毅(P) 峰 厚介(Ts) 松風鉱一(Sax,Fl) 高岡大祐(Tuba) ゲスト清水秀子(Vo) 楠本卓司(Ds)

 



Click to send Mail TEL:03-3354-2024
2-12-4 ACCORD BLDG. B1
Shinjuku shinjuku-ku Tokyo JAPAN 〒160-0022
Copyright (C) 2004 PIT INN MUSIC INC. All rights reserved.