Live Information
本田珠也 3DAYS
TAMAXILLE
8月13日(Thu)
Open19:00 /
Start19:30
¥3,000+税(1DRINK付)
MEMBERS
本田珠也(Ds)類家心平(Tp)井上 銘(G)須川崇志(B)
TOPICS
◎予約が限定の40枚にせまっておりますので、当日のお客様は電話にて、ご確認下さい。

 この文を書いている時点で8月はどのような状況になっているのでしょうか?ミュージシャンはいつものように活動を再開しているのか?お店は通常通り営業しているのか?このコロナの影響はきっと1年以上掛かり、それぞれの考え方や立場で生きてゆくしかなさそうです。4月7日から始まった緊急事態宣言は5月に延長されました。状況によっては緩和されて行くような含みもありましたが。けどもう僕は限界を通り越して演奏ということに執着することがなくなっていました。これ正直な話です。調布の老舗のレストランが閉店しました。その店主の言葉が「先が見えず心が折れた」とあった。お気持ち本当にわかります。僕もこの方と同じ心情です。心を挫かれモチベーションも上がらず<何のために誰のために?>我慢しているのか。先の東日本大震災後の新聞に作家の故井上ひさしさんの言葉ありました。2011年4月28日の読売新聞の文化欄です。「がんばれ日本、日本の力を信じている、と言いますが、井上さんにはそういう言葉に心を寄せなかったでしょう。大義を振りかざす、というのがもっともお嫌いでしたから。」「正しいと皆が思っているもの。心のどこかでおかしいと感じつつ、なかなか口にできないもの。それらに対して発言してきたのが井上さんでした」とあります。僕も今の現状がそんな気がしてなりません。なんのための自粛なのか。更に新しい生活様式の確立。といっても人間なんて十人十色で得手不得手があり資質や性格もある(僕は価値観という言葉嫌いです)。人間は収容所で生活してるんじゃないハプニングの連続で生きているんだ。と、声を大にして言いたい。もう本当にこの頃は自粛鬱になり心が完全に疲弊しました。まだまだ非日常的ではあるし、コロナ第二波の恐れもあるものの、通常への明るい道筋が見えて来た感じがします。自分としてはこのピットイン3DAYSが毎回特別なものと感じていますが、今年は更に特別で重要なイベントと思い心震えています。僕はミュージシャンであり、言葉で発するよりも音楽で何かを証明する事しかできません。大変な状況にも関わらず出演を快諾してくれたこの3DAYSに出演するミュージシャン全員に感謝しつつ<物言う>3DAYSにしたいと思いますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。
本田珠也
お問合せ
お問合せ:03-3354-2024

page top